プロフィール
F.I.L.O
  • 作者:F.I.L.O
  • オトシン大好き!安定したオトシン飼育環境を目指して修行中です。コメントTBフリー!間違いや勘違いに関するツッコミも絶賛受付中です(´∀`)
    トップ画像の題字協力・貓好喜歡吃喜躍〜♫の小草さんです。ありがとうございます(^ω^)

    エセビオブログびおグラ!もやってます。
    観葉・多肉植物ブログぷらグラ!はじめました。
  • RSS
  • 管理者ページ
DTIブログ!

成長記録

Search

ラムズホーンの住まい

今朝ボルケーノの1匹に白点がでていましたΣ(°д°lll)
コリトリメン水槽に放り込んで良かったのか悪かったのか…
他の個体にはまだでていませんでしたが、とりあえず出勤前にアグテンをぶち込んできました。

結局薬浴を一通りこなす羽目になってしまったコリ(´Д⊂


コリだから白点だからといって加温はしないほうがいいのか?
今のうちにコリだけ引越してしまおうかと悩み中です。



そしてラムズが変なところで暮らしてるのを発見。



稚貝のうちに吸い込まれたか入ったかで中で大きくなってしまったようです。
スポンジつけろよ!って話なんですが、スポンジは水流押さえるために排水側に使用中なのでした。スポンジ買ってこなきゃな(´・ω・`)



(・3・)アルェー?ホースの中にももう1匹いるよ?



このまま大きくなったらホースが詰まってしまうのでは?!
今週末はどうしても先延ばしにしてたフィルター掃除しなくては…(´・ω・`)

ここに住んでたら吸い込まれた残餌やらブラインやらどんどん入って来て美味しい生活なのかもしれません。
…ってそんな思惑のラムズばかりで掃除してケースの中でうじゃうじゃ住んでいたらどうしよう(((( ;゚Д゚))))ガクブル

殻はろ材にはならんだろうな…

ラムズホーンの飼育について考える

ラムズホーンはメダカ飼育にイイと聞いてじゃ飼うぞ〜と安易に飼育を始め、いまでは繁殖用プラケを用意せねばならないほど爆殖してしまいました。
ラムズホーンについて調べると、色の発色を良くしてみたり大きく育てたりと努力されている方が多いです。

さっそく手前にラムズが貼り付いていたのでチェックしてみました。
やたら殻が白く穴だらけの個体です。
カルシウム不足でしょうか。




触角の近くにある▼は口…だったらこんな(´▽`)みたいですが、んなわきゃないですね。そこでいつも貝について調べものでお世話になっているこちらを参照してみますと…
修行が足りなくてどこがどこだかよくわかりませんでした(´・ω・`)

とりあえず、プレコタブや昆布だけではなく専用フードを与えてみようではないか!と早速フードを購入してみました。




食いつきはラムズ団子のところに適当に投げ込んでいるのでよくわかりません。プレコタブがエビ用フードより好きなのは把握済みです。
1000円と安くもなかったので喜んでもらえるといいんですが(;´Д`)

グッピーに向かって伸びてるラムズを発見。
※セリフは妄想です


ラムズホーンの中の人

以前のラムズホーンの摂餌に引き続き、また中の人の写真が撮れました。
ラムズキモ写真ファン(いるのか)は必見ですぞ。

いつものようにプレコタブにたかるラムズホーンたち。
グッピー稚魚がここからプレコタブに食いつくのは不可能っぽいので、奴らはプレコタブを食べていないと推測。




ラムズの中の人の姿が見えます。





なんか着色料つきのイチゴ味みたいな色してます。
この方達はピンクラムズホーンなんですが、レッドラムズホーンの中身の色合いは若干暗めになるんでしょうか?

こちらは普通にくっついている姿。
比較的中身が多めに見えてる状態です。




貝の死後、特別貝殻などを取り出したりはしていないんですが、もしかしてこのままずーっと置いておいたら粉々になって貝殻で底砂ができたりするんだろうか…お得!などと一人妄想してほくそ笑んでいます。

…っていうか掃除のとき割れたら吸い込んでしまって捨ててるからそんなに残らないよね…(;´Д`)

ラムズホーン只今絶賛増殖中!

ラムズホーンが増えてきました。
いや、スネールが増えたっていうよりは全然いいのですが…
写真を撮ると必ず赤い物体が写ってます。






にゃん吉さんのラムズについての記事で、餌にたどりつけないプレコの写真に大受けしていたのですが、うちでもついにたかりまくるラムズたちが撮れました!!わーい!



わーいっていうか最近ゼブラがプレコタブを食べないのはラムズがウザいせいでしょうか…オトシン達もありつけるようにしたほうがいいのか(^^;

にゃん吉さんの記事でも触れられていましたが、ラムズ等の貝類では雌雄同体の種類が多く、移動速度が遅いので数少ない出会いの機会で上手く交尾ができるように進化したと考えられているそうです。
雌雄同体と言っても単独で繁殖はできず、交尾をしてお互いが精子の交換をする必要があるとのこと。

この写真、プレコタブ大人気のように見えて実は上の方でイチャつく稚貝がいますね。雌雄同体ということは禁断の愛公認なんですね…。
しかもこんな子供のうちからイチャイチャするとは!増える気マンマンだよこいつら!ヽ(`Д´)

寿命は検索の仕方が甘かったのか、ちょっとわからなかったです。
ご存知の方がいらしたら教えてください!(他力本願寺(;´Д`))

ラムズ生と死をみつめて




ゼブラ:ちょっと奥様ききまして?
    プラケ団地のラムズの旦那、亡くなったんですってよ。
並オト:マジ?!最近見かけないと思ってたざますわ!




なんかそういう構図だったのでついセリフを入れてしまいましたが、先日貝殻が汚くなっていたラムズ氏が、帰ってきたらプラケの真ん中でお亡くなりになってました。・゚・(ノД`)・゚・。

色がもう1匹と比べるとどす黒い感じになってきていたので、死亡フラグだったのか…と思いましたが、もう1匹もなんか汚い色になってきています。
これはヤバい。
水質が合わないのか、隠れ場所がないのでノソにつつかれてストレスを感じているのか…
とりあえず本水槽に戻って養生していただくことにしました。

そして本水槽には新しい命が!



前にラムズ1匹のみしか入れていなかったのですが、どうやら交尾後だったのかいつのまにやら稚貝がいます。
スネールの幼生はかわいくないけどラムズはなんかかわいいです。
色のせいかな…(;´Д`)ごめんねスネール。

そして魚が集まる謎の物体!



って単なる昆布ですがなぜかグッピーメスが頭から突っ込んでいってます。
ついに昆布の味に目覚めたのだろうか…(^^;
« | 2017/08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
twitter
冷凍赤虫マナー協会
つぶろぐ
つぶやく