プロフィール
F.I.L.O
  • 作者:F.I.L.O
  • オトシン大好き!安定したオトシン飼育環境を目指して修行中です。コメントTBフリー!間違いや勘違いに関するツッコミも絶賛受付中です(´∀`)
    トップ画像の題字協力・貓好喜歡吃喜躍〜♫の小草さんです。ありがとうございます(^ω^)

    エセビオブログびおグラ!もやってます。
    観葉・多肉植物ブログぷらグラ!はじめました。
  • RSS
  • 管理者ページ
DTIブログ!

成長記録

Search

水質悪化時の皆さんの近況

グッピーが水面近くに集まってきます。
まさか苦しくて鼻上げ!?(´Д`lll)




と思ったら餌のおねだりでした。
グッピー若魚雌が餌欲しそうに上で待っていたので、稚魚に与えているアルテミアを撒いたら大好評で皆で集まるようになってしまいました。
活ブラインも親に与えるべしと言われていますが、ヒドラが怖くてまだ外にあまり撒いてみたことがありません(^^;

それにしても雌2匹ともなんか腹がデカい…
もし正月帰省時に産まれたら、稚魚は全員オヤツになってしまいそうです。




心配だったオトシンの様子ですが、バンブルビーオトシン(タイガーオトシン)はあまりいつもと変わらない様子でガラス面をモフっています。




並オトがさっぱり前に来なくなってしまったのですが、調子が悪いのか、いっしょにモフるゼブラがいなくて寂しいからなのかわかりません。やや心配…




日々水質改善に向けて努力する所存であります!(,,゚Д゚)∩頑張ろー。



↓アクア全く関係ない話

続きを読む »

稚魚グラ!生後15日〜



12/21(金)

水質がアレな状態なので毎日水換えしてますが、前に調べたとき稚魚水槽などはあまり頻繁に水換えしないほうがいいと見た事があります。
産卵箱で、水槽内では量的に少ないから大丈夫なんでしょうか。






お腹がふくれた状態の稚魚が1匹死んでいました。
これも腹水なんだろうか…よくわからん…

死ななくなってきたので稚魚にとってはめちゃくちゃ環境悪いというわけではないのかも。




12/20(木)

ガン見稚魚。



いろいろあって凹んでいましたが、稚魚が必死で餌を食ってる姿に「こいつらは守らねば…」と思い凹んでいる暇はないと思い直しました。
稚魚って可愛いですね(*゚∀゚)



12/19(水)

奇形がちらほら見えます。
元気そうなので、雄雌の区別ができるようになったら分けなければと思っています。
グッピー本では2回目の産仔がいちばんいい仔が取れるとかいてあったような気がします。栄養状態だけではなく、雌の若さとかもあるんでしょうか。




もうスポイトで吸えません。
頭からするっと吸えば取れそうですが、横からだとひっかかってグロいことになりかねないっぽい感じです。



12/18(火)

100匹超だったのがかなり落ちているので、少なくなったと思いきやまだまだいっぱいいます。




まだ1ヶ月たってないけど青く光るところがあるんですね。
だんだんグッピーぽくなってきたような気がします。








12/17(月)

かなり大きくなってきました。
グッピー本でお腹がぷっくりするまで餌を与えるとあり、様子を見ながらもっと食え( ゚Д゚)ドルァ!!と入れています。
その基準を最初から知っていたらもっと落とす数が少なかったような…




大きい仔と成長が遅い仔がいます。
先天的なのか、食いっぱぐれて成長できてないのかわかりません。



12/16(日)
チャコさんのところでアルテミアをコリ稚魚用で準備されているのを見て、おお!こんなんあるんだ!と思って買ってみました。
値段貼がせや自分…(^^;



今与えているのはこの三種+ブラインが湧いたらという感じです。
ブラインがきちんと湧かせれば人工飼料は必要ないのでしょうが。
一番右のは乾燥ブラインです。
テトラミンベビー>アルテミア=乾燥ブラインで、活ブラインが一番といいたいとこですがまだそんなに食いの良さがわかるほど与えられたためしがないというか…(^^;;






12/15(土)

箱に傷ついてる?




知らなかったのですが、グッピー本によると
ゴノポジウムが発達してくる生後3週間〜4週間までを稚魚
基調色がはっきりしてくる生後2ヶ月くらいまで 幼魚
生後3ヶ月を過ぎ4ヶ月くらいまで 若魚
それまでの期間をまとめて未成魚
ということになるらしいです。
6ヶ月以降は成魚と呼んでよさそうです。

記憶に自信がなくて、今手元に本がないので、裏を取ろうと検索したらメダカの場合の詳しい説明がありました。>>メダカの成長
間違ってたらあとで直しときます。修正済です。めちゃくちゃ違ってました(^^;;

1ヶ月までが稚魚なんですね。
今水槽にいるやつらは若ということになります。
若!若はいずこか!
とかいいつつ探してしまいそう…Σ(´Д`lll)



12/14(金)




落ちる個体が減ってきました。
家にいる間だけでもこまめに餌をやるようにしているからでしょうか。
次回から頻繁に餌を与えるようにしていきたいと思います。



12/13(木)

餌をいっぱい入れているのになぜ一カ所で取り合うのか…




以前4匹だけなのに取り合いして追っかけっこ姿が見られたので、そのうちケンカとか始めるのかな〜。
それも稚魚ならカワイイ感じがします。









12/12(水)

完徹(かもしれない)後ですがみんな元気で一安心です。
落ちる数が減ってきたので、安定してきたのか餌を増やしたのが功を奏したのかはわかりませんがちょっと安心しました。




餌ーーーー!↓(*´∀`)





12/11(火)

ヤッチマッタ!

消灯し忘れて出かけてしまいました。
魚全員徹夜状態だったんでしょうか?
心配していましたが稚魚は無事でした。

底に沈みつつこちらをガン見。怒ってる?(;´Д`)







12/10(月)

底に沈んで動かない稚魚がたまにいて、死んでる(;△;)と思いスポイトで取ろうとするとピュー!と逃げます。釣られてる?
中にくるくる回転してしまうのがいたので、これは弱ってしまっているようです。
持ち直すのは無理かと思いつつ、そのままにしておきました。

そして上でがっつく稚魚の大口開けてるのが撮れました。




稚魚の餌食べてる顔はかわいいのぅ(*´∀`)







水質管理

ここしばらく毎日水換えしてみていますが、底砂掃除の水から異臭がします。
腐敗臭っぽい感じです。
調べてみると、粒の大きな砂で、厚く敷いているため中のゴミなどが腐敗してきたのではないかという疑いもでてきました。

そこで水換え前に亜硝酸濃度の検査をしてみました。

…こ、これは!

真っ赤だな 真っ赤だな

 つたの葉っぱが真っ赤だな 

 もみじの葉っぱも真っ赤だな〜♪(*゜▽゜)


※ゼブラ喪中につきやや壊れています。ご了承ください。


ってデンジャー濃度になってるよオイ!

フィルターがおかしい!といってマットを換えたりいろいろしていたためでしょうか。

熱帯魚飼育をはじめてすぐ、白点を発症し、毎日濃度を計りながら水換えした日を思い出します(つД`)

そんな中この方たちは元気です。
お母さん…もしかしてまた産まれるんですか?




グッピーって水質悪化ですぐ尾腐れにかかるイメージなんですが、慣れると案外強いのでしょうか?

水質的には結構悲惨なことになってるっぽいですが、頑張って生き延びていただきたいと思います。

エロモナス対策

urakibiさんにご指摘いただいてどうやらエロモナスらしいことが判明したので、対策とるべく調べてみました。

水質悪化が原因のようですが、ここしばらくラムズのフンがすごいので1日〜2日置きくらいに底砂掃除、1/5換水していました。
ちょっとそれで安心していたのかもしれません。
考えてみると赤虫やらきゅうりやらを入れてそのままにしていた日があったりしたので、そこで一気に水質が悪化してしまったのかもしれません。
あとにゃん吉さんのご指摘の稚魚飼育による生体増加・餌増加もクサいです。

また、一度上部フィルターの中がなぜか満水になっていたことがありました。
アレもヤバかったのかも…
結局は全て飼育者の不注意です。

テトラ死亡ももしかしてエロモナス感染によるものかもしれません。
死亡時に見た限りでは症状がなかったのでよくわからないですが…

とりあえずいまいる他の人たちはいたって元気なようです。





オトシンが赤みがあるような気がするようなしないような…で前に出てこないのでハッキリしません。しかしオトシンの薬浴はできればやりたくないものがあります。

軽度のものなら新水にしただけで治る場合もあるというのを見たので、とりあえずは毎日換水、フィルター増設で対応して、稚魚がもっと大きくなったら別水槽に分けるということで、様子をみようと思います。

それにしても自分では気づけないことが多々あります。
オトシンの死因についてコメントくださった皆様ありがとうございました。
今後もご指導ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げますという気持ちでいっぱいであります!

続きを読む »

オトシンの死因を考える

ゼブラが残念ながら落ちてしまいました。
コメントをいただいた中でフンがいつもと違うのではないか?ということだったので、ちょっと比較してみました。

左:普通フン 右:ロングフン



確かに違うかも…
あとここ数日の様子で今までと変わったことというと

●お腹が妙にパンパン
●フラッシュをいやがって逃げたので、フラッシュ禁止にして撮影

その時はまったく気づいていなかったんですがもう弱ってきていたのかもしれません。

外傷がないのでやはり消化不良とか内臓の問題だと思っています。

死亡直前の様子です。
この状態でずっと鼻先を水面にあげていました。




帰宅して覗くと、同じ位置でさかさまになっていました。
一瞬生きてる?と思いましたが、もう息絶えていました。

引き上げてみると死後硬直状態でした。

死後硬直について調べてみると

一般に、(ア)底生魚類は回遊魚類より、(イ)魚体の大きいものは小さいものより、(ウ)一本釣りなどで漁獲してただちに殺した魚(活けじめした魚)は底引網などで漁獲し網の中で疲労した、または死んだ魚より、(エ)頭部および内臓を除いた魚は除かない魚より、いずれも硬直の起こるまでの時間が長く、硬直も強く、その持続時間も長い。

とのことです。疲労や苦悶を感じていると硬直時間が変化するらしいので、もしかして時間でそれが判るかもしれないな〜と思ったり、苦痛を感じて死んでいったことがわかっても対処できないのなら意味がないなーとかいろいろ考えてしまいました。
それにしてもうちのラムズは何をしているんでしょうか…
テトラが死亡したときも、オトシンのときも全く働いていないんですが(^^;
もしかして死後硬直が終わり、その後熟成してから食べるってことか?(^^;;;

heroさんのコメントを見て思ったんですが、オトシンが落ちたときの状態のデータが集まるともしかして何か見えてくるのではないでしょうか?

そんなわけで、オトシンが落ちた経験のある方で、落ちたときの様子、落ちる前の変化、なにか対処をしたかなどもしよかったら教えていただけると幸いです。

続きを読む »

« | 2007/12 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
twitter
冷凍赤虫マナー協会
つぶろぐ
つぶやく