プロフィール
F.I.L.O
  • 作者:F.I.L.O
  • オトシン大好き!安定したオトシン飼育環境を目指して修行中です。コメントTBフリー!間違いや勘違いに関するツッコミも絶賛受付中です(´∀`)
    トップ画像の題字協力・貓好喜歡吃喜躍〜♫の小草さんです。ありがとうございます(^ω^)

    エセビオブログびおグラ!もやってます。
    観葉・多肉植物ブログぷらグラ!はじめました。
  • RSS
  • 管理者ページ
DTIブログ!

成長記録

Search

もしも魚の世界に屍鬼がいたら

屍鬼(起き上がり)とは…
死した後に、起き上がった存在。血液を得なければ生きていけないこと、血を吸われた者もまた起き上がりになること、ほぼ不死だが日光に弱く、また、心臓を杭で打たれても死んでしまう、といった吸血鬼に非常によく似た特徴を持つ。



「この水槽は死によって包囲されている…」


30キューブのコリドラスに異変が起きた。
次々と変貌を遂げるアドル、ジュリー、そしてシュワルツィ。
もはやコリドラス全員が「起き上がり」となっていた。


アドル「次はプレコをやるか…」
シュワ「いや、プレコとブコは仲間にはしない」
ジュリ「何故だ?」
シュワ「もはや俺たちは不死の存在。赤虫は必要としない。
だが吸血するために生かさず殺さず…やつらには食料として今後も俺たちに提供してもらわねばなるまい」
シュワ「次のターゲットは飼い主だ」
ジュリ「そうだな。俺たちが不死である以上この水槽のメンテナンスのために飼い主にも不死の存在になってもらわないと困る」
アドル「そうだな…プレコやブコが食料として用をなさなくなったときのために新たに魚を追加してもらうことも必要だ。だが、飼い主はどうやって襲うんだ?」
シュワ「次の水換えの時、誰かが吸血する。3度ばかり血を吸えば俺たち同様仲間になるだろう」
アドル「よし、じゃ俺が行くわ!」



飼い主「イヤァァァァァァ!!!!!!コリドラスが噛みついた!!!!!!」

シュワ「よし、成功だ。次は警戒するだろうが、掃除で手をいれざるを得ないことは調べ済みだしな」
ジュリ「いや、待て。何か様子がおかしいぞ」


飼い主「可愛すぎるぅぅう!!!(;´Д`)ハァハァ/lァ/lァ/ヽァ/ヽァ ノ \ア ノ \ア / \ ア / \ ア」


アドル「ギャアァァァァ━━━━━━(|||゚Д゚)━━━━━━!!!!!!変態だー!!!!!」
シュワ「怯えるどころか喜んでやがる…ま、まぁいい。
今後の仕事がやりやすくなった。アドルは(|| ゚Д゚)トラウマーになったようだが」

アドル「あ、あと2回吸血すればいいんだよね?次は誰か他のヤツいってくれよ(´;ω;`)ウッ…」



そして1ヶ月後…

アドル「これで全員気味悪いアイツをガマンして吸血一巡したんだけど」
ジュリ「少なくとも9回は吸血してるのに、一向に起き上がりにならないぞ!!」
アドル「俺たちと体格違いすぎなくね?吸血の量足りなすぎなんじゃ」
シュワ「そ、そういえばΣ(゚д゚lll)ガーン」
ジュリ「諦めないで頑張ろう…また手がはいってきたぞ。次は全員でいくぞ!」
アドル「おう!」


飼い主「見てくれよー!俺のコリちゃんたちすごい懐いてるんだぜ。手をモフモフするんだ」
飼い主友人「どれどれ…ちょっと手いれてみるか」

コリ全員「飼い主の手じゃねぇぇぇ!!!!!」




あなたの家のコリドラスは噛みついてきませんか?
もしそんなコリがいたらそれは吸血コリかもしれません…

水槽におけるカカト氏の意外な性格

赤ランケ引きこもり事件から数日がたちました。
グッピー女性の皆さんもすっかり新しい水槽に慣れて餌クレクレとうるさい日が続いています。
赤ランケもボルケーノも元気なようです。


アレ?生き残ったカカトは?まさか…!?Σ(゚д゚lll)

と思われたそこのあなた。
ちゃんと生きてます…(´Д`)

ここへきてグッピーという強力な赤虫のライバルが出現したためか、カカトの赤虫に対する執着がつよくなってきたようです。

赤虫をピペットに吸い取り、底の方まで持って行って狙ったところにそっと吹き付ける感じでカカトのいるあたりに噴射する形で与えています。
カカトはなぜか一口食べたら咀嚼するわけでもないのにモグモグしてて、次の一口を食べようとするまでに時間がかかります。
当然その間にグッピーが次々と持ち去ってしまうのでカカトが二口目を食べようとした時には残りの赤虫がなくなっている状態に。
何度か赤虫がなくなっちゃって足りねーよ状態を繰り返していましたが、カカトなりに考えたらしく、ピペットを入れたらかみついてきました(´∀`)
直接吸い取ろうとしてるようです。


正直こんな形でこの魚とコミュニケーションがとれるとは思わなかった…!!!(・∀・)
餌やりには時間かかるけど結構幸せです(´∀`)
もうちょっと水槽の調子が良くなってきたら、カカトの雌を導入しようと思っていますが隠れないでガツガツ食べに来てくれるといいなぁ(ノ∀`)


それにしてもカカトってグッピーや赤ランケが隠れ家に入っても追い払ったりとかはしないので、案外大人しいのかな〜という印象を持ちました(気が荒いと思ってた)

グッピー雌が図々しくて気が強いだけだったりして…(^^;

もしも魚の世界に池上彰がいたら

あなたは冷凍赤虫マナー協会という団体の話を聞いたことはありますか?
冷凍赤虫マナー教会は30キューブ内にある不可思議な協会で、冷凍赤虫を食べるときのマナーを研究し、広める団体と言われてるんです。
多くの魚は赤虫にマナーなんてないと反論していますが、私の経験上赤虫を食べる時のマナーは確かに存在するんですね!
魚の体型の違いにもよりますが、どの魚にも美しい食べ方というのは存在するんです。

冷凍赤虫のマナーは、1990年代にアマゾンに住むあるオトシンクルスによって発見されました。
彼は他の魚の赤虫を食べる姿を見て、美しくないと感じたんです。
そして最も美しく見え、かつ効率的に赤虫を吸引できる方法を研究し始めたんですね。
この研究はブコの名を継ぐ魚たちによって引き継がれてきました。
現在のマナー研究者Dr.ペルナンブコは
「赤虫のマナーは互いの生活、精神を向上させる一種のカンフル剤のようなもので、なくてもよいがあればよりよい生活ができます。マナーを実践することでそのことは明確になるでしょう」
と言っています。


それでは、赤虫のマナーはどうやって実践したらよいのでしょうか?
それには、ちょっと練習が必要です。また、周りの魚たちの反応を読むことがとても大事です。
では実際にやってみましょう。
そこのアドルさんちょっとこちらへ来てください。





悩ましい水槽(´・ω・`)

日頃から隠れまくって姿を見せないのでそんなものかな〜と思っていたら、アピストの雄1匹がある日浮いてました…(´;ω;`)
その他のアピストは行方不明で死体が見つかりません。
エビや貝または他の魚が美味しくいただきました+分解されてしまったようです。
生き残りは雄1匹のみ。
死体はまったく無傷で、怪我や病気の形跡がありませんでした。

以前30キューブで謎の死が起きていたような状況に似ています。
グッピー数匹が混泳していたのですが、ポツリポツリといなくなってアピスト数匹とランケ、ボルケーノのみと生体少なめになってしまっていました。
猛暑でエアコン故障などもあり、ファンだけで結構暑い日があったりしたのと、残り餌などが多くなり、水質が悪化したのかも?
赤ランケが繁殖っぽく見える行動していたのは水質ヤバイ死ぬかも→子孫つくっとこ!みたいな感じなのか?Σ(゚д゚lll)
しかし自分の中では激弱いボルケーノ2匹が元気なのは解せません。
体調崩していた魚が次々落ちてしまったということでしょうか。

譲ってくださった里親さんには申し訳ない気持でいっぱいです。

この水槽では
●ろ材を変更。実はずっと換えてなかった…
●パイロット的な感じで頑健なグッピー雌を投入。
●数日餌切り+しばらく少なめで管理
●他の安定した水槽からの足し水
●毎日水質検査を行う

といったことを行うことにしました。
このまましばらく餌は少なめで様子をみていきたいと思います。

しかしグッピーのせいでアピストや赤ランケに餌が回ってないようでやや心配。
グッピーさえいれば残り餌など存在しなさそうですけど(´Д`)



筒に引きこもった赤ランケは、2匹で入っているのを目撃してから約3週間くらい出てきてません。
心配なので赤虫を少しだけ落としてみたら速効グッピーに喰われた(´;ω;`)ブワッ
匂いがするのか赤虫を落とした時に尾をフリフリするので生存はしているようです。
片側が塞がったタイプの筒なのでバックして出る元気ないとかないんだろうかとも思ってしまいます。
もう強制的に引っ張り出そうか…(´・ω・`)

※追記
帰って我慢できなかったので筒ごと取り出しました。
もちろん赤ランケ本人はキャ━━━━(゚∀゚)━━━━!!と脱出…
筒のふさがっている方に穴をあけて、双方通行できるようにして戻しました。
戻したらすぐに筒に逃げ込んだランケでしたが、後から餌を食べに外出しているのを確認。
心配しすぎだったのかも…(ノ∀`)
あと当然ですが卵とかなかったので繁殖ではなかったようです。
ウワァァァァァァヽ(`Д´)ノァァァァァァン!

オトシンお一人様一昆布まで(`・ω・´)

オトシンお一人様一昆布まで
昆布における最も根本的な原理。
「同じ昆布に2匹は食いつけない(昆布1枚につきオトシン1匹が必要)」

この法則が全ての水槽で当てはまるのか検証していきたい。
【アクアスタイル】

見事なまでに1人1昆布の法則が守られている。

互いのテリトリーは侵さない。そんな協定が結ばれているようだ。


【30キューブ】

やはりこちらでも原則は守られていた。

「ま、赤虫もあるんで昆布はおやつっスけどね」

【デビュー360】
こちらでは異変が見られた。
なんと1人2昆布という暴挙に出たオトシンがいたのである。

赤ランケという強力なライバルがいるため、キープ癖がついてしまったのであろうか。


【ニューアール250】
流石並オト。原則はきっちりと守って…
…ってアレ?


し、死んでる!!Σ(゚д゚lll)ガーン

…と思ったら1枚に表裏から貼り付いてただけだった…

びっくりさせんな!!!!ヽ(`Д´)ノウワァァァン!!


あなたの水槽ではこの法則は守られているだろうか…
っていうか単に昆布たくさん入ってただけでした(ノ∀`)アチャー
« | 2010/10 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
twitter
冷凍赤虫マナー協会
つぶろぐ
つぶやく