プロフィール
F.I.L.O
  • 作者:F.I.L.O
  • オトシン大好き!安定したオトシン飼育環境を目指して修行中です。コメントTBフリー!間違いや勘違いに関するツッコミも絶賛受付中です(´∀`)
    トップ画像の題字協力・貓好喜歡吃喜躍〜♫の小草さんです。ありがとうございます(^ω^)

    エセビオブログびおグラ!もやってます。
    観葉・多肉植物ブログぷらグラ!はじめました。
  • RSS
  • 管理者ページ
DTIブログ!

成長記録

Search

ミナミヌマエビBLACK その2(`・ω・´)ゞ

念願のエビ団子を手にいれたぞ!


まぁエビ団子の規模はかなり小さいですが、初めて見ることができたので感激してしまいました。
このあとグッピーに蹴散らされたのは言うまでもありません(´;ω;`)ブワッ

30キューブのアイツも元気なようです。


っていうか目立つのでいつも探してしまいます。
だがしかし、やはり見れば見るほど虫っぽい…

背を丸めてコソコソ移動する姿はかなり虫です。
クロと名付けたいのですがつい「あの虫はどこいった?(・∀・)」などと虫呼ばわりしてしまいます。
そして見つからないと不安になる…これって恋?キャッ(∀`*ゞ)


この個体以外黒いのはいないようです。
こんな真っ黒いエビばかりだと流石に気持ち悪い水槽ですが、これがいなくなるのはちょっと寂しいような…なんかクセになってしまったのでもっと黒い子孫を増やしてくださいお願いします(`・ω・´)


そして新たな口説き文句が30キューブを席巻するのであった(うそ)

行列のできるストーカー相談所


プレコ先生の「ストーカーを避け、撮影されないコツ」が大ヒット。
30キューブ内で話題を呼んでいる。


一列に並ぶ魚たち。

4匹かと思ったら…前にも列が。

正に行列ができる相談所である。


30キューブ内の魚たちにインタビューしてみた。

「飼い主が水槽前に貼り付いて気持ちが悪い(ジュリー・雄)」
「落ち着いて食事ができない」(シュワルツィ・雌)


「人気の秘訣を教えてほしい」(ペルナンブコ・雄)


など様々な魚たちの声を聞くことができた。
飼い主によるストーカーの悩みは後を絶たないようだ。


プレコ先生は恥ずかしがり屋なため、今回取材には応じてもらえなかった。


魚たちの悩みがいつか解決する日がくるのだろうか…




まぁ一生ないわけなんですが(ノ∀`)アチャー

ゼブラのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!

俺はタイガー。
ゼブラに先輩オトの威厳を見せつけようとして失敗して数週間がすぎた。
相変わらず後輩としてあいつは俺ら先輩を敬っていないようだ。
まぁ直接言うのも大人げないので機会を見つつ折々に教えていくとしよう。

と思っていたら早速その機会がやってきた!



このまま行くとぶつかってしまう…!
俺は先輩だから避けないぞ!!!!!
…でも俺の倍以上あるし怖い…どうしよう…でも後輩…







(く…喰われるかと思った怖かったよ…(´;ω;`)ウッ…)




先輩の威厳は特になかったタイガーなのでした(´∀`)


威厳がないなら数で勝負だ!と思ったので機会があればタイガーも今度増量してみたいと思います(`・ω・´)

冷凍赤虫マナー協会本部完成!【不法占拠】

タイガープレコのため用意された隠れ家。

最初はプレコだけが使用していました。


しかし次第に他の魚たちも利用するように。
最初は追い出していましたが…

コリが隠れるようになってからは次々とお構いなしに全員が隠れ家に入ろうとするように。

マジでこんな感じでした>>〜もしも30キューブの魚がオカマばかりだったら〜

最近気がつくと、コリは入らないようになりいつの間にかブコの独占状態に。


プレコは隠れ家を放棄してしまったようです。

プレコってもっと気が強くて他の魚追い出すかと思ってたのに…
あまりにあっさりと明け渡してしまったので驚きです。
っていうか一応隠れ家は全部プレコのために用意したつもりだったのに…なんぞこれヽ(`Д´)ノ


しかし新しく入れたもっと狭い隠れ家は使用しているようです。


単に形がこっちの方が良かっただけ?

しかも相変わらず残りのプレコ2匹は外で貼り付いてる…
隠れ家入れたいけど他の魚に取られてしまうんだったら場所ふさぐだけなので悩みますヽ(`Д´)ノ

カカト死亡(´;ω;`)

新年早々暗い話ばかりですが、昨夜帰宅するとアピストが死亡してました。
昨日までは餌食いも悪くなかったのに…と思いつつ死体を引き上げて確認してみると、背びれの付け根あたりの肉が欠けたようになっていました。
怪我かエロモナスではないかと思います。
魚の魚体にキズがあったり、体力が低下している・飼育水が適応水質ではないなどの原因があるそうで、あまり姿を見せないので確認を怠っていたこと、水質もカカト向きではなかったのが悪かったのかもしれません。
幸い同居魚はグッピーと赤ランケという比較的強い魚で心配なのはボルケーノオトシンくらいですが、他の魚は元気そうです。
まだアピストは自分にとって無理だったということかも…当分は飼育を控えたいと思います。

赤虫のピペットに食いついてくる姿はとても可愛らしかったです。
里親さん本当にスミマセン(´;ω;`)ブワッ


在りし日のカカトさん(´;ω;`)
アピストグラマ |  コメント(-)  |  トラックバック(-)
TOP
« | 2011/01 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
twitter
冷凍赤虫マナー協会
つぶろぐ
つぶやく